失くすと困る「鍵」とその紛失対策

鍵の紛失

誰もが一つや二つは必ず持っているであろう「鍵」。

玄関の鍵、ロッカーの鍵、机の鍵、金庫の鍵などなど、

さまざまな鍵がありますが、たいていの鍵は手のひらにおさまるくらいの小さなものですから、

ついどこかに置き忘れてしまったり、中には紛失したことがある、

などという人も少なくないのではないでしょうか?

外出先で玄関などの鍵を紛失してしまった場合には、家に入ることができなくなりますし、

防犯面でも不安になってしまいますよね。そのため鍵の専門業者に依頼して、

金庫開錠の作業をしてもらったり、

鍵の付け替えを行なったりする必要がでてきます。

door-32a

紛失防止のために

こうした鍵のトラブルを避けるためには、

あらかじめ「鍵を失くさない」という工夫が必要です。

おそらくほとんどの人が行なうのが、

鍵にキーホルダーをつけて目印にしておく、というもの。

小さな鍵も、キーホルダーをつけて目立つようにしておくことで見つけやすくなります。

特に鍵を失くしやすいという人は

「ちょっとジャマだな」と思うくらいの大きなキーホルダーをつけておくと、

常に鍵が目に入るので失くしにくくなるのではないでしょうか。

それでも鍵を失くしてしまう、という人は、

携帯電話やサイフなど、失くしにくいものや忘れにくいものをキーホルダーのかわりにしてしまうとか、

「鍵っ子」のように、鍵に紐を通して常に首から下げておく…といった対策が必要かもしれません。

オトナなのに首から鍵を下げるのはちょっと…という場合は、

落としてしまった場合にスマホと連動して警告音を発する紛失防止用キーホルダーなどもあるようなので、

そういった便利グッズを利用して紛失を防ぐようにしましょう。

小さな鍵一つで大げさな、と感じる人もいるかもしれませんが、

金庫開錠の作業や鍵の付け替え作業は思いのほか費用もかかります。

個人の自宅ならば困るのは自分や家族ですが、

シェアハウスや会社の鍵ともなれば大変です。

そうならないように、あらかじめできる限りの紛失対策を行なうことが必要なのです。